スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタイひと。Vol.2

2009-09-04

レッドのトイプードルを飼っている人の話です。


赤ちゃんが生まれて飼い主さんを探している人がいるんだけど。。。と知人から連絡がありました。
聞くところによると、交配して子犬が生まれたので、ペットショップと交渉してたんだけど折り合いが悪く
口論になり、決裂してしまった、とのこと。
(というより、動物愛護法が改正されたおかげで、生まれた子犬をペットショップなどが引き取って売ることは
なくなったはずですけど。)

個人的な意見ですが、こういう場合は私がお世話させていただくとするなら紹介しかしません。
なぜなら、私が育てたワケでもなく、繁殖したわけでもなく、母犬父犬とも知らないですし、まして双方の飼い主さんとは全く面識がありませんから。

プードルといっても、体格・毛質・性格もさまざまですので、何も説明することが出来ませんし、
血統も分からないので遺伝的要素も全く分かりません。
そのような状態でお勧めすることもできないし、責任も負えないので、欲しいという方がいればご紹介してお互いに直接お話していただくことしかしません。

でも、今回、知人に相談された以上、何らかの力になれれば、と思っていました。

そして上記のことなど、いろいろ教えてもらうようにお願いし、一通り聞くべきことは聞き、
血統書のお話になったのですが、私が察する所、どうもペットショップとの決裂(があったとすれば)
原因はそこにもあるように感じました。



普通、交配するにあたって、純血種の場合は血統書はとても重要です。

近親交配や遺伝的な疾患の予防はもちろん、トラブルを防ぐ意味で最低でも要点はきちんと確認しておく
必要があります。
ところが、全く確認していなかったのか、発行団体が父犬はJKCだけど母犬はKCJだと言うことが分かり
ました。

JKCとはジャパンケネルクラブといって日本で最大級の畜犬団体です。
KCJとはKCジャパンという畜犬団体です。
プードルの血統書というと誰もがJKC発行の血統書だと思うので、そういう認識があったかなかったかは知りませんが、きちんと確認するべきだったと思います。

KCJはJKCから分離して設立されたと言われ、JKCに登録できない人や抹消された人が、自分たちで血統書を発行できるように作った団体と言われています。ですのでJKCは認めていません。

この場合、父犬はJKCでも母犬がKCJなのでJKCの血統書は発行することができません。
ただし、KCJの血統書は発行可能ですので、血統書を発行するのであれば、この子犬たちの血統書は
JKCのものではなくてKCJのものになります。

登録等の諸手続きをみれば明らかですが、JKCは血統書の発行が非常に厳しいです。
雄(父犬)の場合はDNA登録なども必要ですし、不正登録が行われないようにいろいろ策を練っているようです。そのため書類やなんだかんだでとってもややこしくて面倒です(泣)
その点、KCJはどこの団体の犬でも登録できますし、DNA登録なども必要ありません。
そういったこともあって、比べるとJKCの方が高く評価されるのだと思います。


いずれにしてもすでに生まれてしまってるワケで、何を言っても後の祭りなのですから
愛玩犬として可愛がってくれる人に譲ってあげればいいだけです。
血統書なんて必要ない、という方はたくさんいるので大事に育ててくれる人がいれば一番です。
ワンちゃんの幸せが第一なのですから。



お金のこと言うの、本末転倒ですよ~。


にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
クリックしてね♪

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

mocha blend

Author:mocha blend
わが家のトイプードルとの日々、またそのBabyの誕生から新しい家族にめぐり合う
までの大切な時間を綴った日記です。

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。