スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットショップ事情。

2009-12-06

pet1.jpg


ここ数年、近隣にペット関連のお店が色々出来ました。

ドッグカフェ、ドッグラン、トリミング施設もそれなりに

私の住む所は田舎ですので東京や名古屋のようなおしゃれな所はまだまだですが、
犬を連れて一日出かけられるコースが確立できるといいなと思います。

ただ、あまり出来て欲しくないお店もあります。

生体販売のペットショップです。

生体販売の流通システムに問題があると思います。



あるサイトにこんなことが書かれています。

1. ペットショップに犬猫がいるということ、それは販売を目的として、生産され、モノとして仕入れ、
  商品として販売されることを意味します。

2. 野生動物がペットショップにいるということ、それは生まれた国で捕らえられ、移送され、
  監禁されたことを意味します。

3. ペットショップにいるということ、それは兄弟や親と離されたことを意味します。

4. ペットショップにいるということ、それは二度と、一生、親や兄弟に会えないということを意味します。


ペットショップで愛犬と出会えたことは、たった一つの命とめぐり合えた奇跡、
それはとてもすばらしい幸せなことだと思います。
でも、もしあなたに出会えず、小さな箱の中でずっとさびしい思いをしていたら、と思ってしまうのです。

日本も動物愛護の進んだ世界諸国を見習って、ペットショップのシステムが改良されることを望みます。

実際、アメリカではほとんどの州で生後九週間未満の子犬を展示したり陳列したりすることが禁止されていますし、ドイツでは飼育に適したスペースの確保、ハウスの材質、散歩する場所や時間、リードの長さ、犬が過ごしやすい陽当たりや風向きまで定められていて、犬の飼い主には犬税まで課税されます。スイスではもちろんのごとくペットショップでの犬販売は禁止されています。


私がよく買い物に出かける郊外型のショッピングセンターの中にペットショップがあります。
そこは陳列されている犬と一緒に第三の検査機関の証明書が添付されています。


法令なのか、良心的なのか、あるいは単なる自己防衛なのかは分かりません。


poo5.jpg


膝蓋骨脱臼の注意項目にチェックが入っています。
poo-8.jpg
両足、左右ともにグレード2です。



poo-7.jpg
このコはアンダーショット、足は左がグレード1、右がグレード2です。


私が今まで見た中にはグレード4の子もいました。
注意項目に屈伸で外れる、歩くと外れる、とありました。
完全にパテラって感じです

また、名前は忘れましたが寄生虫の名前が書いてあり、駆除が必要、と書いてあったこともあります。


こんな風にさらされてしまって買ってくれる人がいるのでしょうか・・・。


まだ生まれて間もない小さな時期に母犬と離され、成長過程も見ぬままに、商売の流通ルートにのって
ここへやってきたのでしょう。
無理もありません。




一枚目の写真は、、、写真の通りです(泣)


6月に生まれて約半年間、外の世界を知らずにせまい箱の中で生活してきたのでしょうか。

そして、それに値する価格がこれなのでしょうか。。。



にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
クリックしてね♪

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

mocha blend

Author:mocha blend
わが家のトイプードルとの日々、またそのBabyの誕生から新しい家族にめぐり合う
までの大切な時間を綴った日記です。

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。