スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッホと鈴鹿。

2011-02-25

gogh.jpg


印象派の代表的画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。

あなたの耳ってステキと言った女に耳を切って渡したとされることで有名ですね。

コレはその直後の自画像。



そんなゴッホが鈴鹿を描いた作品があるのをご存知ですか?




tangi.jpg


作品:「タンギー爺さん」




パリで画材屋・画商を営んでいた人物で、無名の画家を熱心に支持しており、

当時、若い画家が多数出入りしていたと言われています。


その右上に描かれているのが、鈴鹿は石薬師の桜。


ゴッホは日本美術に強い関心を抱いていて浮世絵を熱心に収集していました。


背景の一部に描いたのは自ら所有していた、歌川広重の『東海道五十三次名所図 会石楽師』です。





現在、パリのロダン美術館所蔵ということですが、そんな作品にこんな身近な場所が描かれている事を


最近知って、なんだかちょっと感動です




にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ
クリックしてね♪


テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

ひゃ~耳を切って渡した逸話があるなんて
知りませんでした~。
ただ、女性はステキな耳の形とはいえ・・・
喜んだとは思えないです\(◎o◎)/

有名な海外の画家(しかも100年以上前)の作品に
自分の町が描かれていたら・・・
それだけで、ポストカード買ってしまいます。
(ポストカード好きなんです)
なんか感慨深いですね。

シトロンさま

こんばんは♪

女性に耳の形が、「ステキ」と言われたという説と、「変だ」と言われた説があるようですが
私は、中学生時代、美術の先生に前者の説を教わりました。
いずれにしても精神状態が悪く発作的に行動したようですね。

ゴッホが欲しがるような絵を描いた歌川広重はすごいなぁと思います。

没後に評価されるのは画家と音楽家の宿命なのでしょうかi-241

耳切り事件

mochaママさん、おはようございます♪
耳切り事件の真相は以下のようなものだったようです。
 
ゴッホが誘いに誘って実現した共同生活していたゴーギャンが
たった10ヶ月でクリスマス・イヴに去ったのに腹を立てて
耳たぶを切って売春宿の女に送りつけたそうです。
 
かなり錯乱していたらしく
この後、どんどん精神的に病んでしまったらしいです。
 
http://www.shouzou.com/essay/gogh.html

祭壇

mochaママさん、おはようございます♪
敬虔なクリスチャンだったゴッホの作品の中には
絵の構図の中で祭壇を形取ったものがあります。
 
この"タンギー爺さん"も両脇の浮世絵の芸者と
中央の爺さんで祭壇を形成していると言われてます。
 
また、3枚の絵で祭壇を形成する組み合わせもあります。

Re: 耳切り事件

いつろうさん こんばんは♪

一人になることを恐れるような行動が多々ありますね。
かなり精神的にきびしかったのでしょう。。。
ある意味卓越した芸術というものはそのくらいでなければ生み出せないのかも、、、
岡本太郎さんとか...(^^;

Re: 祭壇

いつろうさん こんばんは♪

そうだったんですね~
それは知りませんでしたi-179

芸術の歴史は本当に奥が深いものですね!!

息子にも近所の風景を描かておこうかしら?!
100年後のために...(^^*
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

mocha blend

Author:mocha blend
わが家のトイプードルとの日々、またそのBabyの誕生から新しい家族にめぐり合う
までの大切な時間を綴った日記です。

最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。